小川 千裕さん

 

きものカルチャー研究所認定 江戸川南教室(着物サロン 四季)主宰
一級着付講師・着物コンサルタント
夢追舞(キモノ・ドリーマーズ) 運営マネージャー
 

東京を拠点に着付け教室を主宰し、着付師としても活躍中。母親が和裁士であったことから、幼い頃より着物に囲まれて育つが、外国への憧れが強く、約5年間を海外で過ごす。海外生活の中で、日本文化、特に着物への興味が強くなり、帰国後、着付け講師の資格を取得。その後、着付け教室を開業し、現在に至る。
 

​URL   http://kimonosalon.com
ブログ  http://ameblo.jp/kimonosalonfourseasons/ 
 
 
 

これまでの人生の簡単なマイルストーン

 
 

進学 20歳 専門学校卒業
留学 23歳~ 24歳(海外就労後、イギリスにビジネス留学しました。)
就職・転職・独立 20、21、24 歳
海外移住 20歳 グアム、21歳フィリピン、23歳イギリス、25歳中国
結婚 25歳
出産 26歳
やりたいことを見つけた 17歳  (いつも何かしらやりたいことがありました。)
 
 
 

着物の着付け師というお仕事をされていますが、目指した理由やきっかけを教えてください。

 
 

海外在住時に パーティ等のイベ ントに参加することが多く、そういう場面で日本人として着物を着て出席したいという思いから始まりました。もちろん海外なので着物を着付け てくれるところもなければ、教えてくれる教室もありませんでした。同じように 海外にいる人こそ着物が着たいのではないかと思い、海外で着付け教室や出張着付けサービスをしたいという夢ができました。その後資格を取得して、短期間ではありましたが中国の深圳や香港でその夢を実現することができました。
 
 
 

chihiro2-350x263
 
 
 

具体的なお仕事内容を教えていただけますか?

 
 

主宰する着付け教室の運営、着付け講師、着付師として出張着付けのお仕事、仲間と着物イベントの運営が主な仕事になります。
 
 
 

中国で着付けなどのお仕事をされていましたが、サービスを提供することになった経緯を教えていただけますか?どのようなお客様が利用されていましたか?

 
 

もともと海外で着物のビジネスをしたいと思っていたところに、主人の海外赴任が決まりました。香港ではウェディング関係の会社をされている代表の方が着付け教室に通ってくださったり、中国本土の方では結婚式に列席される日本人のご親族様に着付けをさせて頂いたりしました。
 
 
 

現地の方の反応などはいかがですか?

 
 

出張着付けをさせて頂いたお客様からは「まさか現地で着物が着られるとは思ってもみなかった!」 ということで大変喜んで頂けました。当時、日中関係が最も緊迫しており、 近所では反日の運動もある中でしたが、ご結婚式に出席された中国人 ゲストの方々 にも「美しい!」とお客様の着姿を褒めて頂きました。綺麗なものを見て感じる感覚は文化や思想が違っても変わらないのだと教えて頂きました。
 
 
 

やりたいことを見つけるまでの道のりについて教えてください。 どのような経緯で興味関心が変化しましたか?

 
 

17、8歳頃から常に何かの目標に向かって突き進んでいました。その中で師匠やメンター との出会いがあり、刺激を受けて更にそれを深く掘り下げたり、 また興味関心が別のところにも広がったりしました。
 
 
 

海外で働く上で、 やりがい、たのしいこと、 大変なことをおしえていただけますか ?

 
 

色んな国に住んでみて思ったことですが、間違いなく日本はあらゆることが整っていて、便利で 、安全で 、 清潔ですので日本に慣れていると生活は大変だと感じます。ただ、 見たことのない景色や、出会ったことがない人々、文化に触れることが楽しく、また 一緒に働く中で心を通わせることができると喜びを感じていました
 
 
 

日本にいる時との違いを感じたことはありますか?どんな点ですか?これまで出会った女性たちのライフスタイルや仕事の仕方、生き方など感じたことを教えてください。

 
 
 

chihiro3-350x263
 
 
 

一番長く働いたフィリピンでは女性の社会進出が進んでいて、責任のあるポジションにつくことが普通でした 。私が住んでいた地域ではどの家庭でもヤヤと呼ばれるベビーシッターがいました。
 

子供は周りの皆で育てるといった感覚が強く、日本のように結婚や出産で働きにくくなるといったことはありませんでしたね。
 

出産ギリギリまで働き、すぐに復帰する人も多くいらっしゃいました。 女性は働き者でしっかりしていて、野心もあるように感じました。
 
 
 

文化背景の違いから日々のコミュニケーションにおいて楽しさや時には難しさを感じることもあるかもしれませんが、特に印象深い出来事があれば教えてください。

 
 

敬虔なカトリック教徒が多いフィリピンでは日本人との違い が顕著で驚いたことも多かったように思います。普段の会話や行動も宗教がベースにあり、彼らの心の拠り所になっているので、一緒に働く中で自分の常識というものが全く通用しないこともありました。 それを完全に理解はできなくても 、そういう考え方もあるのかと受け止めていました 。文化や慣習、モノの考え方等、それぞれの違いを知るのも楽しかったですね。
 
 
 

やりたいことを仕事にする時にはある意味覚悟が必要ですが、その勇気ある一歩を踏み出せた理由を教えてください。

 
 

私にとってはやりたくないことを生業にする方がつらいので、 必然の選択をしてきたように思います。また自分以外の皆が無理と言っていたことでも、自分だけは可能性を信じてあきらめませんでした。 (ただの頑固者です・・・)
 
 
 

趣味はありますか?

 
 

モノ作りは好きです。着物を着るときにつけるアクセサリーを自分で作りたいと始めたつまみ細工作りは特にはまっています 。先日開催した着物イベントで巫女を演じたのですが、その時の大きなビラ簪も自分で作りました。
 
 
 

chihiro4-350x243
 
 
 

日々意識して実行していることがあれば教えてください。

 
 

職業柄当たり前のことですが、毎日着物を綺麗に着ることです。一本一本紐を締めることで背筋が伸びて気持ちが引き締まります
 
 
 

日本とは違う外国の文化や人々の生活に触れることで、視野や価値観の変化など大きく変わったことがあれば教えてください。

 
 

chihiro5-350x234
 
 

情けない話ですが外国に行ってはじめて日本の伝統文化がユニークで美しくて、失ってはいけない 大切なものだと気づきました。その他には、それまで恥ずかしさもあって家族に対して感謝の気持ちを表せなかったり素直になれなかったりしたのですが、グアムで現地の方の温かさに触れて自然とできるようになりました
 
 
 

今後の目標やこれから挑戦したいことはありますか?

 
 

今まである意味根無し草のような生き方をしておりましたので、これからは地域に深く、太い根を生やしたいと思ってい ます。またこれまでの経験を活かして日本から世界の人々 に日本の文化や着物の面白さを発信できるようになりたいですね。
 
  

ライフプランとマネジメントは意識してきましたか?

 
 

いつも~才の時には、どこで何をやっていたいというのを決めていて、それから逆算してその時々ですべきことに取り組んでいました。ただ子供が生まれてからはなかなか 先が読めなくて・・・試行錯誤をしている最中です。
 
 
 

自分らしくある、ということを意識されたことはありますか?

 
 

特に意識はしていませんが、自分らしく生きていると思います。(好きなことしかできないタイプなので・・・ ダメですね・・・ )
 
 
 

今後のライフプランについて教えてください。

 
 

ずっと働いていると思います。 またいつか海外でも着物のビジネスができると面白いですね。
 
 
 

これから海外の大学に住んでみたい、ホームステイをしてみたい、働いてみたいという女性に向けてメッセージをいただけますか?

 
 
新しい土地で、新しいことに挑戦するって本当にワクワクしますね。私は現在小さな子供がいることもあって中々難しいですが、もし皆さんが挑戦できるような状況であればそのチャンスを是非掴んで頂きたいです。きっと大変なことや、上手くいかないこともたくさんあると思いますが、それ以上に大きな発見や小さな気付きが得られると思います。
 
 
 


 
 

若い頃に様々な国で働き、あらゆる経験をしてきた千裕さん。一見するととても柔らかい印象の女性ですが、やはり心の奥底には熱い気持ちと強い意志をお持ちのすてきな女性です。
 
  

千裕さん、ありがとうございました!