top photo reference: http://www.dress.co.jp/

 
昨日は成人式でしたね。

成人されたみなさま、本当におめでとうございます。

 

今日は成人式のこともあり、振袖についてのお話をご紹介します。キモノのレッスンを受けた方はきっとこう習ったはずです。『未婚女性の礼装です。』

 

振袖と言うと、赤や青の地色に豪華な装飾がされていて、とても華やかな衣装ですよね。ですが、いわゆる花嫁衣裳としての振袖は、かつては黒のみであり、袖の下と裾の方にだけ柄付けされたものでした。それが本来の礼装だったのです。これによって、今の振袖は”準礼装”と言う位置づけになるのです。

 

『振袖は袖を切って留袖にする。』こんな言葉を聞いたことはありませんか?最近の振袖は袖全体が華やかですから、とても袖を切ってしまえる様な柄付けではありません。切ってしまってはもったいないので、留袖に変えることは以前に比べて減ってきました。その代わりに、挙式向けの打ち掛けにお仕立てし直すのも人気なのだとか!

 

かつての振袖はその昔、三枚重ねで着用されていた

20160112_3furisode

Photo reference: http://kimono.no-iroha.com

 

白、赤、黒の三枚。

赤は生命を、白は無垢を、黒は死を意味します。その三枚は共に全く同じ柄であり、必要な反物ももちろん2反です。(上記の写真は松竹梅柄ですね。)このスタイルは昭和初期までのようです。その後、打掛、角隠しなどのスタイルがでてきました。

 

その三枚重ねの振袖ですが、以前とある呉服屋さんで見たことがありますが、同じ柄で三枚は非常に重いです。中は見えないのに、同じ柄を重ねてしまうとは、本当に贅沢と言えますね!

 

振袖は初めての着物として触れる方も多いと思います。成人式の一度きりとせず、その後も振袖をパーティーに着てみたり、結婚式の花嫁衣装としても一案として、ぜひ活用に繋げてみてくださいね。

 

 

2011-05-27の記事を再編集してお届けしました。

 

 

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中