資産形成、というと何やら難しいイメージがあるでしょうか。アメリカでは小学生からお金に関する授業が取り入れられているという一方で、日本は先進国の中でもお金に関する教養が極端に少ない国とのこと。
 

マネトクの情報によると、家計の構成は日本の現金・預金比率52%に対し、ユーロ圏は35%、アメリカは13%!アメリカは株や投資信託の保有率が高く、47%と日本に比べ3倍のようです。
 
 

20160127finance.png
 
画像及び情報参照:マネトク:現金大好き日本人と投資大好きアメリカ人
 
 

この違いには株に対する大きなイメージが関係している様子。
 
 
 

企業を援助し対価を得る

 

アメリカ人の株や投資の保有率が高いのも、これらに対するイメージは、『企業を援助する』という根本的な考えがあるようですよ。日本ではどちらかというとギャンブル的なイメージを持つ方も多いのかもしれません。そしてもう一つは稼いだお金に、さらに稼いでもらうためでしょう。
 

現金で保有しておけばリスクは減るかもしれませんが、例えば万一日本が破たんしたら?今の現金の価値がなくなる可能性もあります。インフレになれば今1000円で買える物が買えなくなります。
 
 

現金は、金額は減らなくても”価値が減る”リスクがあります。それではどうすればよいか?まずいきなり株や投資云々の前に、お金に関する教養を身につけて行きましょうか?
 
 

最近お金に関する教養を身につけてもらおうと様々なスクールも見かけるようになりましたね。その前に、今回は一冊ご紹介したい本があります。
 
 


 
図解 山崎元のお金に強くなる!
 
 

「がん保険にははいるな」
 

「投資に初級者向けも上級者向けもない」
 

などなど、気になるテーマが目白押し、内容がとてもわかりやすくまとめられています。日常の生活シーンに関わってくる保険関連から、国内外の投資事情、そして全体的な資産形成を段階を追ってカバーしています。
 
全く金融知識がない方もこの1冊を読み込めば、最低限の”基準となる知識”がつくことは間違いないでしょう。
 
 

Amazonでいますぐ購入
図解 山崎元のお金に強くなる!
 

楽天でいますぐ購入
図解 山崎元のお金に強くなる! [ 山崎 元 ]
 
 
 

さらに活用するために

 

さらに活用するには読んで終えてはいけません。この本から学んだことを自分なりにまとめ、『自分にとっているもの、いらないもの』を切り分けます。そして、いる、と判断したものについては、さらに調べ知識を掘り下げていきましょう。この1冊がすべてではなく、あくまでも判断基準を身につける基本の指南書です。
 
 

次のステップは実際に学びに行ってみる

 


 
 

まさにお金の教養講座を開設しているファイナンシャルアカデミーですが、基礎編は2時間の講座が無料です。上記の書籍で学び、湧き出た疑問を実際にこうした講座に足を運び、ここでの学びに加え講師の方に質問をする機会とするのも有効でしょう。
 

書籍だけでは得られない「経験」を聞けることも対面講座のメリットと言えます。なんでもそうですが、ポイントはまっさらな状態よりも予備知識を入れつつ、知識をクロスチェックすることです!
 
 

上記書籍の中では海外株式などに関する知識も得られますが、日本と違い1株から購入もできるという手軽さがあること、また例えば米国市場であれば日本よりも規模が大きく、若手労働者が7000万人もいる点、日本と逆に人口が増えていく見込みがあることからさらなる経済成長が見込まれていることなども知ることができます。そしてそうした市場にはどのような企業が情報しているのか、普段身近なアップルやフェイスブックに加えアメリカの得意分野でもある宇宙関連事業を展開する企業を知るなど、投資の前のリサーチをするだけでも楽しみが広がりますよ!
 

ぜひあなたも今日から株や投資へのイメージを、『企業を援助する』という意識に変えてみてください。そして好きな企業、関心のある企業を応援しながら、世界の市場も視野に入れた資産作りをぜひ始めてみてください。
 
 

Amazonでさっそく購入
図解 山崎元のお金に強くなる!
 

楽天でさっそく購入
図解 山崎元のお金に強くなる! [ 山崎 元 ]
 
 
 

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中