グローバル、グローバルという言葉から英語など語学習得への関心は高まる一方ですが、先日こんな記事を読みました。

ネイティブの英語はなぜ世界でいちばん通じないのか

(クリックするとニュースウィーク日本版の記事に移動します。)

 

いまや、ノンネイティブ人口がネイティブを上回っていることも理由の一つですが、他の見方が興味深いのでお時間があればぜひ読んでみてはいかがでしょうか。

 

さて、インターに通うお子様をお持ちのあるお母様とお話をしていたところ、やはり語学アイデンティティという話題が出てきました。いまや小学生からの留学も人気という話も聞きますので、小さなお子様をお持ちで海外を視野に入れていらっしゃる親御さんや、語学に関心のある方にとって、ご参考となればと思います。

 

こちらのご家庭は、旦那様はアメリカの方で、お母様は日本人。日本に住んでいるものの、お子様たちはアイデンティティはアメリカ人なのだそう。それでも子供たちが大人になった時に、日本語でも会話をしたいという想いから日本語でも会話も大切にしているそうです。

 

得意な分野を伸ばす前に語学が先走ってしまっている環境に対する彼女の疑問について伺いました。これまで複数のインターを見てきたけれども、ご両親はどちらも日本の方で、必ずしも英語が話せる子だけがいるわけではないそうで、もちろん語学力が足りない分授業への理解や他のお友達のコミュニケーションも薄くなりがちという印象をお持ちのようでした。そしてこれは非常にもったいないと感じているそう。語学とアイデンティティという観点からみると、英語を使う環境に身を置いているものの、会話の所々で英語と日本語がミックスしてしまい、中途半端になってしまっている生徒さんも見られるそうです。そして、ここには『私はいったい何人?』と、アイデンティティがぶれてしまうリスクがあるようです。

 

日本人なら日本人というアイデンティティを育て日本語である程度しっかり教育を受けて、さらに得意な分野、好きなことを伸ばしてあげることに注力する方が大事では?との意見をお持ちでした。

 

理由はいくつかあるようです。

 

必要があれば英語など語学はある程度大きくなってからでも習得できる

 

20160311studying.jpg

 

ネイティブの方は、日本人が気にするほど完璧な英語を話すことに対して全く気にしていないという話がありました。大切なのは、『伝えたいことが何か』、その理解さえ間違えがなければ十分コミュニケーションが取れたという認識のようです。そもそも日本人にネイティブ並みの英語力は期待していないよ!とも。日本人は特にメール一つにしてもビジネスとなると一言一言間違えがないように丁寧に書く習慣があるかと思います。海外の方にしてみればこうした私たちの習慣も、私たちが思っているほど重要視はしていないのかもしれません。実際に海外の方とビジネスメールを交わしていても感じますが、相手が社外クライアンだとしても、比較的カジュアルな印象があります。

 

また今までビジネスシーンで英語を使ってバリバリ仕事をする方々にも会ってきましたが、中には大学卒業後、仕事で必要になってから英語を勉強し始めた、という方も。つまりは”いかに必要性があるか”次第である程度伸びすことは可能なのだと思います。

 

 

得意分野があると?

 

20160311speciality.jpg

 

今後AIがさらに実用レベルになれば不要とされるの職業の一つに通訳や翻訳さえも入っています。そんな時代が来た時に、語学習得にばかり気が取られ、他に強みがないと、どのような状況が待ち受けているのでしょうしょうか?プロレベルの語学力があれば話は別ですが、ちょっとしたレベルの語学力で、さらに他に得意とするものがない、趣味も語学??となると、仕事の強みはもちろん、会話をしていても中身も薄く面白くないなんて思われてしまう可能性だってあるかもしれない。それはちょっとさびしいですよね。

 

語学ができなくても、他に専門分野があれば、それが強みとなります。語学に関しては、プロの通訳の方に同行してもらうことでカバーできるワケです。語学がそこまで得意でなければ、そこは割 り切って、それよりもあなたが持つ得意分野、好きなことをもっと深く知識と経験を身につけることに注力する方が効果的という結論でした。

 

私自身、留学中に何度も感じたことがあります。英語が第二外国語である以上、ネイティブと同じように100%以上の理解を英語による授業からは吸収できないと。ネイティブであれば感じるはずのニュアンスも含まれるでしょう。この点を踏まえると自国で学ぶことのメリットはやっぱり大きいと感じました。それだけに、一方で日本の大学生は勉強しなくても卒業できる、という話を耳にすると本当にもったいないことだな、とも感じます。留学に話を戻すと、もちろん授業だけがすべてではありませんから、それ以外に自国では経験できないこともたくさんありますけどね!どちらが良い悪いとは一概には言えません。

 

以上、このお母様とのお話の中で、小さいころから海外に行く機会があるなら余計に「何人として育てたいのか」というアイデンティティの確立はとても大切なポイントであると感じました。そしてグローバル化と言うものの、実は語学力の重要度は思っているほど高くはなく、そしてやはり語学はツールなのだと改めて気づかされたのも事実です。

 

語学が苦手でもいいじゃない!

他に大好きな趣味や関心のある分野でお仕事ができればそれが幸せなこと!

 

語学だけに捕らわれず、好きなことをやってみてくださいね。そして好きなことを、他の言語でも少しずつ話を広げることができればベストです!

 

あなたには、『これ!』という得意分野、好きなことがありますか?もしあるのであればそれをどう、どんな場所で、誰に向けて活かせるのか、まで視野に入れ見てくださいね。”誰に”という部分は日本人とは限らないということも念頭に置いておくと可能性が広がりますね^^

まだ好きなことが見つからない、どういうプランにしたらいいかわからない、という方は可能性を広げるワークがおススメ!

 

 

 

 

 

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中