世界トップレベルの大学と聞くと思い浮かぶ大学名がいくつか出てくるでしょうか?

 

本日取り上げるのはイギリスの名門と呼ばれる、ケンブリッジ大学オックスフォード大学。ノーベル賞受賞者も多数輩出してきています。そして、これらの大学には気になる行事があるのです。

 

それは『晩餐会』。

 

ケンブリッジ大学に特化すると、31あるいずれかのCollegeと呼ばれる学寮に所属するそうです。この制度は伝統的なもので、各Collegeでの絆は深いようですよ。通常大学でCollegeというと学部を指しますが、ケンブリッジでは少し意味合いが異なるようですね。ちなみに発音もアメリカ英語ですと”カレッジ”ですがイギリス英語なので”コレッジ”。

 

その各Collegeにおいて、多いところでは週6回、教授と学生が交流する晩餐会(いわゆるディナーパーティー)が開かれ、その晩餐会が開かれる食堂は、写真のようなまるでハリーポッターのような世界。そしてこうした行事を行う理由も伝統あるケンブリッジ大学ならでは!

 

社会に出て品性のある行動が取れるようにするため

 

 

ケンブリッジ大学出身者を見ると、”伯爵”と書かれた名前もあったりと、確かに貧性ある行動を重要視する理由に納得できます。ちなみにCollege毎に形式が異なり伝統を重んじるところ、そうでもないところがあり、そのお料理にも差があるようです(笑)とは言え、トップレベルといわれる大学は学力だけではなく、このように教養を重視する傾向が多く見られます。

 

いかがでしたか? ちなみにゲストナイトと呼ばれる日には、外部の人もカレッジ所属者から招待されれば参加できるそう。機会があれば体験してみたいですか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中