みなさんは趣味で続けているものはありますか?

 

昨年の息子のピアノの発表会のときに、高校生が演奏していたジャズを弾きたくて教えてもらった楽譜にはCDがついていました。細かすぎると初見で読めないので、昨夜はヘッドフォンで曲を聞きながらイメトレ(?)音で先に覚えてから楽譜を見て微調整、ができるのは本当ありがたいです。今はCDがなくてもYoutubeなどでも曲を調べて他の人が弾いている動画を見ることができたり、大変便利になりましたよね。

 

さて、改めてCDを聴くと、聴いたことがある曲が結構ありました。新しいところではアナ雪、TBSのテレビドラマ、「仁」のテーマ曲からニューシネマパラダイスまで!

↓こちらはそのうちの一曲。

20170208score.jpg

 

趣味として続けているピアノは子供の頃に習っていました。今年は週2-3日でピアノに触れるようにしています。他のことを一切考えずある意味無になれることと、音だけにフォーカスできるので気分もすごくリフレッシュされるのです。私が弾いていると子供たちが普段練習しないのですが必ず来て弾こうとします。楽しそうに弾いている姿を見せるのが子供には効果的、と言う子育て本を実践してみました(笑)

 

先日脳に関する本を読んでいたら大人の趣味の傾向に関する記事があったのです。それは子供の頃に始めたものに立ち返る傾向があるというもの。小さな頃に体験し心に刻まれた記憶から大人になって再開する人が多いのだそうです。

 

私もそれに漏れずまさに!です。みなさんはいかがですか? 今は趣味も多様化、子供の頃になかったものも数多くありますから一概には言えなくなってきているのかもわかりませんが、一見関係がないようなものに見えても、原点はどこかで繋がりがあるかもしれませんね。

 

楽器は他にも学生時代に色々試しました。

20170208zampona

↑ ケーナ・サンポーニャ(アンデスの楽器。サンフランシスコで街中で演奏しているストリートミュージシャンに魅せられ、現地にあった専門店で購入。口を当てる角度や吹き方がやや難ですがいい音です。)

ギター(指が痛くて挫折)

ベース(弦が4本で指が届くのと低音が好きなので機会があればまた弾きたいです)

アルトサックス(自分でやったら酸欠で頭痛に。きちんと先生に指導を受けたらすんなり吹くことができ感動!サイレンサーがないので練習場所が確保できるならやってみたいです♪)

ドラム(友人がやっていたので触らせもらいましたが手足バラバラに動かせず断念。打楽器はあまり興味ないかも。)

コントラバス・ホルン(中学の頃体験で触れた程度。)

 

 

でも私の場合は最終的にはやっぱりピアノに戻りました。和音も出せますし、一人で低音から高音まで演奏できる点が一番の理由です。

 

話はそれますが、その昔、「一人で全パート演奏できたら良いのに、、」と高校の頃思っていたら、複数の楽器をくっつけて一人で演奏できるよう作り上げたどこかの学校の教授がテレビで紹介されていました!

また「歌も一人で複数のパートが同時に歌えたら良いのに、、、」と思っていたら、こちらも和音を出せる男性がテレビに登場してました!

 

すごいですね。出来たらなー、で終わることなくやってみる、って大事かも、と思いつつそこまでは至らない私でした(^^;)趣味をさらに追求すると仕事に繋がるのはこうした研究が出来る方ですね。

 

息子もすぐやめると思っていたのですが発表会を経験してからすごく意欲が出てきて、すでに自分の中で今年の10月に弾きたい曲を決めていました(笑)なにが興味を引くのかはやってみないと分からないと子育てをしているといつも感じます。それは大人も同じではないでしょうか。息子とは、楽譜がある程度読めるようになったらやめていい、と約束しています。読めればいつでも好きな時に趣味としてピアノが弾けますし、あわよくば将来連弾や合奏を一緒に楽しんだりしたいからです^^

 

息子たちが通うピアノ教室は大人向けのクラスもあり、発表会がライブハウスで開催されるのです。私も習える時間が取れるようになったら、通ってライブで発表会をやる!とひとつの目標にして今は細々自宅で練習をしています。

 

趣味ひとつとっても、アイデアとあなたのやる気次第で、色々とその選択肢を広げることはできますよね。プロを目指すとなるとハードルは高いですが、こうした発表の場を設けたり、また海外の大学で音楽のレッスンを取りたいなとも思いますし、着物で演奏して各国巡業であったり作曲もしてみたいです♪ 他にもピアノや音楽と絡めた目論見は複数あるのですが本日はこの辺で。趣味はココロのバランスを整えてくれるものですね。もし、「趣味、、、そういえばないかも?」と思ったら子供の頃の体験を振り返ってみるのもひとつかもしれませんよ。

 

趣味であなたのライフスタイルをより充実させませんか? あなたの趣味の世界を広げるアイデアを出すなら自分でアイデアが出せるようになる思考を育てるワークで!

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中