みなさま、こんばんは。

 

さて、みなさんは”お金”について詳しく学んだことはありますか?我が家では昨年一通りの勉強と、それに伴い一斉見直しを行いました。

知らないことが本当に沢山ありました。以前図書館で、アメリカの高校生が授業で習っているお金に関する授業の本があり借りたことがありましたが、中を読んでみると難しくて・・・。

 

日本の学校にはお金に関する授業がないと何度も聞いてきました。ですから自分で興味を持たない限り学ぶ機会すらないのが今の日本です。学んでみると、日本と海外ではその仕組みの違いから、運用するプロのの意識もレベルも違うことも知りました。10年前に知りたかった・・・ということもありました。資産を作るには時間が非常に重要になってくるからです。でも子供が大学に上がるまでにあと10年はある、と考え、そこは・・・まあ良しとします!

 

投資=ギャンブルというイメージをお持ちであれば、その思考こそがリスクです。バブル期は銀行に置いていても数年で倍になるような時代でしたから、投資の知識も必要がなかったのだそうです。そして崩壊後もその感覚の延長でいる人が多い、と聞きました。そして投資をせずに宝くじ大好きな人。もったいないです。いつか当たる・・と、待っている間にその金額を投資に回したら確実に増えています。実はこのお金を増やす=宝くじというおかしな図式が小学生の息子の中でできつつあるため、子供たちにはしっかりとお金の教育をしたいと思っています。

 

今は私が学んだ本当に基礎の部分をお風呂タイムで話してみたり、ちょっとしたときに簡単なことを伝えています。そして少しずつ、本当に少しずつですが将来に対する考えを話している内容を聞くと、その考え方が変わってきたように感じています。特に息子、羽振りがよくあれば使ってしまう傾向がお年玉の使い方で判明したので、これからがっちり意識改革をしたいところなのです・・・ ^^;。

 

さて、話は少しそれましたが、大人ですらもしお金に関して学んだことがなければ、息子のような小学生と変わらないと思うのです。昨年は私も幅広く学んだことで、実践に移せたものもあれば、まだ抜けている項目もあるのでそこを埋めるべくまた学びを再開しました。

 

そして、昨年の学びから色々と思うところもあり、やっぱり子供たちは一度海外に放り込もう、と私の中に小さな決断が生まれました。理由は英語、なんていう小さなことではなく、日本国内だけでしか生きることができないと困るからです。いざとなればどこへ行っても自分で生きることができる力を身につけて欲しいなと思うのです。投資家になって欲しいわけではありませんので(笑)

 

タンス預金がダントツに多いとされる日本。でも20-30年後、もしかしたら今の1万円の価値が5000円になってるかもわかりません。20-30年後はまさに自分の子供たちが親となっている頃でしょう。そうなったら日本円だけで生きていけるのでしょうか? 生きるために必要なお金だからこそ、知っていて損はないのはお金に関する知識だと痛感します。

 

増やすためには学ばなければいけませんし、学ぶためにはどこで学ぶかの情報を手にしなければなりません。あなたはこの思考と行動のプロセスが出来上がっていますか?

 

思考ブラッシュアッププログラムでは、こうした思考から実践までの流れを習慣化していくこともできます。自分に必要なものが集まってくる思考づくりも2018年になる前に、トレーニングを開始しませんか?

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中