fasting-for-brain.png

思考は脳の活動ですが、その脳がより効果的に働くために欠かせないのが食の見直し。脳のパワーをも増やしてくれるファスティングについてご紹介します。

 

ファスティングって?

 

ファスティングとは、『断食』のこと。昔から宗教上の修行として断食は行われてきましたが、現代の分子栄養学としてのファスティングは、水だけで行う“絶食”とは違い、代謝に必要な最低限のビタミン・ミネラルを摂りながら行います。これにより、空腹でツラいことはあまりありません。ダイエットはもちろんのこと、体に溜まった有害物質をデトックスできる効果があることから、アスリートやアーティスト、美容・健康に敏感な方の間で、ブームになっています。

 

脳への効果

 

ファスティングは、単に痩せる、元気になるということに留まりません。私たちが知らず知らずのうちに溜め込んでしまっている有害な化学物質は、脂肪の多い部位に蓄積されています。脂肪の多い部位とは、女性なら乳房や子宮、そして、脳です。私たちの体は固形物をとらなくなってから約48時間後に、脂肪をエネルギー源として使い始めます。このとき、脳に溜まった有害物質も一緒に排出できるので、3日目からは脳がデトックスされ、活性化。本来の働きを取り戻すことができるのです。その結果、頭がすっきりしたり、思考が研ぎ澄まされたり、勘が鋭くなったりという効果があります。

 

半日ファスティングについて

 

「3日も何も食べないなんて無理!」という方向けに、手軽にできる半日ファスティングをご紹介します。やり方は簡単。夕食を前日の20時までに食べ終えて、翌朝起きたらたっぷりの水(500mlくらいをゆっくりと)を飲みます。そして、朝食代わりにファスティング用のドリンクを飲んだら、お昼の12時までは何も摂りません。昼食、夕食は12〜20時の間にしてください。消化器系の体内時計では、朝の4時〜12時は排泄の時間。ここで消化吸収という大変なお仕事をさせないで、排泄に集中させようという作戦です。

 

個別ファスティング相談

 

あなたもファスティングを取り入れてみませんか?

個別ファスティング相談では、まずファスティングの考え方や仕組み、やり方を学んでいただきます。その上で普段の食生活についてご記入いただいたカウンセリングシートを見ながらヒアリング。得たい結果とご本人の生活パターンなどから、無理なくできるファスティング計画をプランニングいたします。さらにその方に合ったドリンク選びもお手伝いします。そのほか、無理なくできる普段の食事の改善ポイントを3つに絞ったアドバイス付き。ファスティングドリンクは各自インターネットで注文、ご準備いただきます。原則、都内関東近郊でお会いできる方に限らせていただいておりますが、遠方の方はご相談ください。

 

 

担当アドバイザー

 

ryoko-M.jpg

湊屋 涼子 Ryoko Minatoya

1976年生まれ、大阪出身。千葉在住。持病をファスティングと食養生で改善させた経験から、いつもの生活を送りながらおこなう安全なファスティングと細胞から元気になる食生活を提案しています。ファスティングサポート経験は30名以上。

・杏林アカデミー中級講座修了(杏林予防医学研究所認定)
・ファスティングマイスターエキスパート(ファスティングマイスター学院港区中央支部所属/分子整合医学美容食育協会認定)
・ダイエットアドバイザー(日本肥満予防健康協会認定)
・クシマクロビオティックアカデミーベーシックⅠ・Ⅱ修了
・ローフードマイスター1級(日本リビングビューティー協会認定)
・ナチュラルシードマイスター(シードマイスター協会認定)

 

メッセージ

 

フランスのことわざに「断食は切らない手術」というものがありますが、私たちの体を治してくれる一番の医者は、私たちの体自身であり、細胞です。ファスティングを通じて、一緒に体のもつ力を探求しませんか。

 

時間:ファスティング講義+カウンセリング+サポート 2.5時間

場所:都内・関東近郊

料金:10,000円(当日直接お支払いください。)