globalization_photo
 

グローバル化は視野を広げるチャンス

 

日本は単民族で成り立っているので、ある程度共通の価値観を共有しています。和が尊重される社会。それがグローバルという枠でみると、多民族が存在する社会のため、それぞれの個が尊重されています。
 

例えば多民族で成り立つアメリカではすでに、私たちがグローバル化という言葉からイメージする社会として存在しています。自分の当たり前が当たり前として通用はしない、日本にとってはそんな社会がグローバル化でやってくるのでしょう。民族、というと規模が大きく聞こえるので、”あなた”という一個人のポジションで考えてみるとわかりやすいと思います。生まれて、一番小さなコミュニティである家族の中で生きていたのが、社会というもっと大きな世界に出る時は、家族の中にはなかった価値観にぶつかり成長していきますよね!それがグローバル化になることで、日本という規模から他の文化も共存する社会にまた一歩進む。
 
 

グローバル化といっても実はとてもシンプルで、赤ちゃんだったころから世界が広がるように、あなたの視野を広げる絶好のチャンスなのです!
 
 

広い視野を持つって?

 

私たち日本人の”当たり前”と違う社会を知り、受け入れること。受け入れるといっても、すべてを理解することは難しいこと。そこで大切なのが、”知らないことを知ろうとする前向きな姿勢を持つことが大切。”そして日本人としてのぶれない自分の価値観を明確にして、自分自身を深く理解することです。
 
 

広い視野を持つメリットは?

 

国内外に目を向け、様々な考え方や価値観、知識、教養に視野を広げることで、ものごとも多角的に見ることができ、また発想が豊かになります。発想力があれば、毎日を楽しいものに変えていけるはず!
 

そしてなによりも『心動かす刺激を得るため』に尽きます。
 

自分の中にはない視点や考え方、価値観を”知ること自体”が何よりも面白く、楽しいもの。驚きや感動は人生の刺激となり知識だけではなく感情面も豊かにしてくれます。
 

心が豊かになれば自分もHappy。そして周りの人にもHappyを分けられるHappyサイクルが生まれます!グローバルな視野を持つことで、新しいことを知るというプロセスを通していかに”心(感情)を動かす”か、が大切なのだと思います。
 
 

いつかママになるかもしれない女性たち

 

女性は母親となれば子供に与える影響は予想以上に大きいもの。小さい頃は親の視野、価値観がすべて。あなたも小さな子どもの頃はそうではありませんでしたか?その子供たちの視野をいかに広げてあげられるかで社会に対応する力が変わってくるはず。グローバル=英語、だけではなく、広い世界がある、という認識をまず私たちがもつことで、次世代の子供たちの心も豊かに育てていけます。
 
 

なぜ今?

 

日本の中でも今まで当たり前にあったものや守られた環境がその形を変えようとしてきています。そんな環境に振り回されることなく、自分の軸を持った女性はこれからの時代も難なく、生き抜いていけるでしょう。『自分の可能性を広げあなた自身を探求する』まずはそう心に決めて、自分のライフスタイルに取り込んでみたいものを、この国際派和美人で探しながら、ぶれない軸を築いていきませんか?